ここでは、「【アニメ】19年ぶりのガンダム新作映画は、シリーズ初の『人』対『宇宙人』の最終戦争―「劇場版ガンダム00」」 に関する記事を紹介しています。
white album2 -closing chapter-
White Album2


ホワイトアルバム2の終章が

予約開始!!!

2011年12月22日発売!


序章発売から約2年が経ちましたが、ようやく完結します!
前編と後編のセット販売も amazon



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

 
 宇宙人・・・だと・・・?


久々ガンダム映画は人対宇宙人の最終戦争

 「機動戦士ガンダム」19年ぶりの新作映画「劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of
 the Trailblazer-」(水島精二監督、9月18日公開)に、ガンダム史上初めて宇宙人が
敵として登場することが30日、分かった。1979年4月7日のテレビ放送開始から31年、戦争を通じた
人間ドラマを一貫して描き続けてきたガンダムの歴史を覆す、人対宇宙人の最終戦争が映画で展開される。

 敵は宇宙人といっても人の形をしていない。銀色で宇宙船かミサイルのような外見をしている。体が金属で
できた生命体という設定で、自身の姿を自由に変えることが出来ることから「ELS」(エルス=地球外変異性金
属体)と呼ばれる。人の形に変身できるのか、どういう攻撃をするかなど詳細は不明。明らかなのは西暦2314
年に、130年前に廃船となった生体反応のない木星探査船が地球圏に接近してきたところから、物語が始まるこ
とだけだ。

 79年にテレビ朝日系で放送された「機動戦士ガンダム」以降、同シリーズは戦争の中で人々がお互いの
主義、主張をぶつけ合う中で生まれる、「いつかわかりあえる」という理想をメーンテーマとして描かれて
きた。その「人対人」という基本構造を、あえて破った水島監督は「誰もやってこなかったこと。これは
ガンダムなのか、という批判はあると思う」と話す。

 劇場版は07、08年に全50話が放送されたテレビシリーズがベース。私設武装組織「ソレスタル
ビーイング」が、ガンダムを使って地球各地の紛争に武力介入し、戦争を根絶することで、人類を初の統一
政府「地球連邦」の成立に導く物語だった。水島監督は「数あるガンダム作品の幅を広げることが、僕に求め
られていること。テレビできちんと『人対人』を描いた上で、基本テーマをさらに大きく描くためのアイデア
がELSです」と強調した。

>敵は宇宙人といっても人の形をしていない。銀色で宇宙船かミサイルのような外見をしている。

それは別にガンダムじゃなくても(ry

なんか、やっちまった感があるな
まあ、まだ放映されていないので、評価を待つとしますか

【Amazon】
機動戦士ガンダム00 in those days (角川コミックス・エース 293-1)

                            TOPに戻る
関連記事
Amazon.co.jp

ソニコミ 限定版

ソニコミ 限定版




                            TOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wateronthemoon.blog123.fc2.com/tb.php/219-d530cf7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。