ここでは、「Leaf「星の王子くん」プレイ後感想。」 に関する記事を紹介しています。
white album2 -closing chapter-
White Album2


ホワイトアルバム2の終章が

予約開始!!!

2011年12月22日発売!


序章発売から約2年が経ちましたが、ようやく完結します!
前編と後編のセット販売も amazon



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





※ネタバレを含みます
というわけでクリアいたしました「星の王子くん」
私が初めて「星の王子くん」を知ったのは、確か雑誌のフラゲ情報でした。
この記事ですね。

で、改めて次々と出てくる雑誌やら画像やら見てみますと、なんだかLeafらしくないというか。
いやLeafは色々なものに挑戦するチャレンジャー精神あふれる会社ですが、今回の「星の王子くん」は、
どこにでもありそうな学園モノの氛囲気。

原画とシナリオが外注(まあシナリオの永田さんはほぼLeafのライターといっていいけど)で、
気合があまり入ってないというか、何かの作品のつなぎに発表されたのかなと思いました。

私が「星の王子くん」を知って約5ヵ月後の今日クリアいたしました。

感想は以下(クリア順)


りんご

最後展開が読めたけど、勢いがあってよかった。


ユーリ

まさか家族全員男だとは思わなかった。


こころ

ミキシィが可愛かった。


ちの

シナリオが感動的というか、最後ハッピーエンドでよかった。


ぷりん

すべての話の総まとめ的な存在。
やっぱり王子くんは「星の王子くん」でした。
一番好きな話。 実がよかった。




というわけで簡単な感想でした。
恐らく人によってだいぶ好みが分かれる作品かと。
私は十分に楽しめました。

最後も普通の学園モノではなくて、Leafらしい? 最後だったのでしょうか。
Leafの主人公やたら人外がおおいな・・・・・・


関連記事
Amazon.co.jp

ソニコミ 限定版

ソニコミ 限定版




                            TOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wateronthemoon.blog123.fc2.com/tb.php/546-1ae1d923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。