ここでは、「【ゲーム】虚淵玄脚本、Win「鬼哭街」が一般対象作品としてリメイク 5月発売予定」 に関する記事を紹介しています。
white album2 -closing chapter-
White Album2


ホワイトアルバム2の終章が

予約開始!!!

2011年12月22日発売!


序章発売から約2年が経ちましたが、ようやく完結します!
前編と後編のセット販売も amazon



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1300492536/l50 より




名前だけは知ってた

1 あやめφ ★ [] 2011/03/19(土) 08:55:36.10 ID:??? Be:
手には一刀、斃すは五人...... 魔都上海に報仇雪恨の剣が哭く!

間違った未来、誰かが選択を誤った世界。犯罪結社「青雲幇」の牛耳る上海に、
一人の男が舞い戻る。

彼の名は孔濤羅。かつては幇会の凶手(暗殺者)であり、生身のままにサイボーグと渡り合う
「電磁発勁」の使い手である。

仲間の裏切りによって外地で死線をさまよった彼が、一年の時を経て上海に戻ってみれば、
すでに裏切り者たちは幇会の権力を掌握し、そればかりか濤羅の最愛の妹までもが辱められ
殺されていた。
怒りに身も心も焼き尽くされた濤羅は、その手に復讐の剣を執る。

仇は五人。

いずれ劣らぬ凶悪無比のサイボーグ武芸者たちを、一人また一人と血祭りに上げながら、
孤高の剣鬼は魔都上海の夜闇を駆け抜ける。

──我はこの一刀に賭ける修羅。

タイトル:鬼哭街 -涙尽鈴音響-(仮称) ※15歳以上推奨
ジャンル:サイバーパンク武侠片
発売日:5月27日(金)発売予定
価格:4,620円(税込)

スタッフ/キャスト
脚本:虚淵玄
原画:中央東口
メカニックデザイン:石渡マコト(ポリゴン番長)
声優:孔 濤羅(コン・タオロー):井上和彦
瑞麗(ルイリー):田村ゆかり
劉 豪軍(リュウ・ホージュン):速水奨
樟 賈寶(ジャン・ジャボウ):小杉十郎太
朱 笑嫣(チュウ・シャオヤン):折笠愛
呉 榮成(ウ・ウィンシン) :大塚芳忠
斌 偉信(ビン・ワイソン):藤原啓治
音楽:ZIZZ STUDIO
主題歌:いとうかなこ

●インターネット接続環境必須。本ソフトウェアをご使用いただく際「インターネット接続」による
 オンライン認証が必須となります。
●初回生産分には初回特典が封入予定です。


ニトロプラス
http://www.nitroplus.co.jp/game/03-cyberslayer/cyberslayer-r15.php
http://www.nitroplus.co.jp/game/kikokugai/
http://www.nitroplus.co.jp/game/images/03_cyberslayer_r15.jpg


ファントムの移植って話はどうなったんだろう

PhantomをXBOX360に移植するって昔聞いた気がしたんだけどなあ。
でも虚淵さん、最近人気がうなぎのぼりだから、それを狙ったんだろう


関連記事
Amazon.co.jp

ソニコミ 限定版

ソニコミ 限定版




                            TOPに戻る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wateronthemoon.blog123.fc2.com/tb.php/607-560b5ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。